目のくま

HOME

どうして目に下にくまができるのか?

250

仕事の残業で、もしくは勉強、テレビ、読書など誰もがついつい夜更かししてしまった経験を持っています。
というか、「毎日寝るのが深夜だ!」なんて普通になっている人もいますね。

それが日常的に続くと睡眠不足となり、目の下にうっすらとくまがあらわれるようになります。
この目の下のくまは、3人に1人は悩んでいるとさえいわれている症状。
それは女性だけでなく男性にもと、男女共通の悩みとまでなっているのです。

目の下にくまができる原因は、睡眠不足だけではありません。
疲労ストレス、体調不良などによる血行不良眼精疲労ドライアイなどもその要因となっているといわれています。
ストレスと眼精疲労、そしてドライアイは現代人には良くある症状ですから、くまに悩む人が多いというのも納得です。

では、どうして目の下にくまができるのでしょうか?

目の下にだけできるのは、目の周囲の皮膚…つまりはまぶたの皮膚がとても薄い作りでできているから。他の部位の皮膚と比べてみても、その差は一目瞭然。
とっても薄く、場合によっては皮膚の下の血管の色さえ見えるほどなのです。

どれくらい薄いのかというと、目の下の皮膚は約0.6ミリ程度。
例えるなら卵の薄皮程度です。
それだけ薄いのであれば、その下を通る血管が透けて見えても不思議ではありません。

人の体の中でも特に皮膚が薄い目の周り。
睡眠不足や疲労、ストレスなどで血液が黒ずんでしまったり、皮膚にメラニン色素が沈着してしまうことで黒ずんでみえる…つまりは「くま」となるのですね。

くまにも種類がある

目の下にできるくまには大きく分けて2種類あります。

一つは色素沈着からおこるくま。
紫外線や赤外線などによるダメージ、乾燥、こすりすぎによって目元にメラニンが作られてしまうのです。

そして、一番大きなものとしては目元に周りにある血管による血行不良です。
血流が悪くなりうっ血したような状態になると、その黒ずんだ様子が皮膚を通して見えてしまうのです。

目の下のくまは、不健康そうに見せるだけでなく年齢よりも老けたようにも見せます。
目は誰もが見るところですから、くまがあれはそれだけ魅力も半減。
どんなに顔が美人といわれる人でも、目元のくまがひどいとぶさいくにみせてしまうのです。
まさに女性にとっては美容の敵ともいえます。

環境や生活習慣からおこる目の下のくまですが、なんと遺伝によりおこる事もあり。
家族の中で、くまが出来やすい人がいたら要注意です。

とはいえ、遺伝するといってもお肌のターンオーバーを改善させつことでくまのないきれいな顔にすることができますのご安心を。

くま治療の体験レポート

Medical beautyは、管理人自らくま治療を実践し、経過をレポートしているサイトです。

くま治療は病院での注射系治療が効果を発揮するということで、ヒアルロン酸注射や、今話題の肌細胞を注入する再生医療によるくま治療などもレポートしているので、実際に病院でのくま治療を考えている人にはとても参考になる記事ばかりです。

くま治療の体験レポート

MENU
HOME
くまができる原因は?
くまの予防方法
くまの取り方
くま治療方法