くまの予防方法

HOME >くまの予防方法

気をつけたい!これがくまを予防する!!

目の下のくまは、日頃のちょっとした習慣を改めるだけでも消すことができます。
せっかくきれいに消せても、油断しているとあっというまにくまが再び出現!
そんなことにならないように、常日頃から予防策を習慣付けるようにしましょう。

@マッサージ

250

頭や体など、マッサージでほぐすようにしましょう。
マッサージによって血行も促進され、くまもできにくくなります。
特に肩こりには要注意
肩や首が凝っていると顔の血流も悪くなります
お風呂上りなどは血行がよくなっているので、このときにやるマッサージは効果も高いものとなります。

Aこすらない

かゆみを感じた時、誰もがついつい目をこすってしまうこともあります。
特に春先の花粉症シーズンではこのしぐさも多くなってしまいがちですね。
しかし、この目をこする行為はくまを作る元。
目がかゆくても、その周囲はこすらないようにします。
かゆみがどうしても気になるときは洗うのがいいでしょう。
これはクレンジングの際にもいえることで、こすらず優しく丁寧に泡で洗うようにします。

A無表情よりも表情豊かに振舞う

表情が豊かな人というのは魅力的であるだけでなく、顔の表情筋も鍛えられています。
表情筋がよく動いていると、血行も良くなりたるみも予防できます。
適度な顔筋エクササイズも取り入れるとより効果的です。

B湯船に入る

250

お風呂は体の緊張を解きほぐしリラックスさせる場所
ストレスを軽減する役割ももっています。
それだけでなく血行促進やお肌もきれいになると良い事ずくめ。
もちろんくま予防にもなりますから、できるだけ湯船に浸かるようにします。
お風呂上りにマッサージやストレッチをやるとさらに効果も上がります。

C十分な睡眠

睡眠はくまを予防する上では絶対的なもの。
睡眠不足からくるくまであればなおのことです。
また、睡眠不足はお肌を老けさせることにもなりますので、早寝早起きを心がけるようにしましょう。

D目を酷使しない

250

特に気をつけたいのがパソコンやスマートフォン、テレビ、ゲームなどの電子機器。
パソコンは仕事柄どうしても使わなくてはいけない人が多く、それが目の下のくまで悩む人を増やしてもいます。
せめて1時間の作業の後には、5〜15分の休憩はするようにします。
また、エアコンのかけすぎも目を乾燥させてしまい、これがくまを作ることにもなります。
エアコンはほどほどに、もしくは加湿器をおくようにします。

他にもさまざまな方法がありますが、まずは十分な睡眠と血行を良くすることを意識するようにするといいでしょう。

MENU
HOME
くまができる原因は?
くまの予防方法
くまの取り方
くま治療方法